黒羽 雄二

襖・表具職人 黒羽 雄二

神奈川県相模原市出身
インテリアデザインの専門学校を卒業
東京の設計事務所で建築デザインを学ぶ
家庭の事情もあり、実家の(有)黒羽表具店を継ぐ
表具業、デザインリフォーム業などを行う

http://www.fuscoma.com/

表具店の二代目として生まれるも、建築デザインの道に進む。
5年後、初代である父の体調がよくないことから、表具店を継ぐことを決意する。
表具の仕事のかたわら、前職を生かしたデザインリフォーム等を手掛ける。
2015年、襖に機能を持たせた新たなインテリアエレメント「fuscoma.」を発表。同年Wood deign award受賞

白石記念賞
2015 JAPAN Wood design award
2017 OMOTENASHI selection

費用例

fuscoma.杜

価格:¥300,000 ~

和洋問わずに設置できる、TVボードタイプ。
低いたたずまいは空間に広さと安定感を与えます。
前面の襖によって、和紙による様々な表情の変化を楽しむことができます。

fuscoma.杜 high type

価格:¥340,000 ~

和洋問わずに設置できるサイドボード。
床座の空間に於いて、その高さはちょうど視線の高さに合います。
飾る、愛でる、慈しむ…物を感じるためのサイドボード。
前面の襖によって、和紙による様々な表情の変化を楽しむことができます。

fuscoma.季

価格:¥300,000 ~

和洋問わずに設置できるキャビネットタイプ。
襖の存在感が最も感じられる製品です。
上に置く、中に置く、襖を開ける、襖を外す…多彩な楽しみ方ができます。
前後面の襖によって、和紙による様々な表情の変化を楽しむことが可能。


    ©2017 Global Assosiation of Japanese Culture.

    平日9:00〜18:00
    050-5318-8839